Loading

人の意思はあんまりアテにしてない

いやーしかし、最近すっかり毒気が抜けちゃってですね(抜けてるよね?抜けてるよね?)、あんまり物申したいことがないんですわ。
だってさ、世の中のほとんどがポジショントークじゃないすか。
人って常にバランス取ろうとする。

大多数が情熱に傾けば冷静を推す者が現れ、冷静に傾いてきたら今度は情熱を推す。
そういうものだと思うんですよ。

殆どの人が自分の意思で発信してるようで、周りとのバランスを無意識に考え、自分のポジション取って発信してるんじゃないかな。

そんなこと考えてるうちに物申す自分の意思をたまに疑ってしまうときがあるんです。

例えば、選挙の「揺り戻し」てあるじゃない?
投票日の「出口調査」でA党の得票率が高いと報道されたら今度はB党の得票率が上がる。

日本人というのは無意識にバランスを取ろうとするからね。それを優柔不断という人もいるが、それが日本の調和の精神なんだろうけどね。

その出口調査とおんなじでね、人って自分の意思で何かをしてるように見えても、実は見えない大きな力というか、巨大な流れの中で知らず知らず選ばされてるだけなのではないかと思うんよね。

一個人が何を語ったかという視点も大事ではあるけど、時代が誰たちに何を語らせてるかというものの見方も興味深いなと思う。

「あまのじゃく」とか「ひねくれ者」ってのも、一見すると一匹狼ぽくてカッコいいように思えるけど、自分から真っ先に意見て言わないんだよ。
だいたいの場合が周りの出方待ち。後出しなんだよ。
ポジショントークの一番典型なんじゃないかと思うよ。
え、ぼく?
いつも言ってるけどポジショントークですよ(笑)
自分の年齢や立場、時代の流れに合わせて発信の仕方は変えていかないと、届けたいところに届かなければ意味がないと思ってるもん。
そのためならスピリチュアルをディスることもあれば賞賛することもあるよね。
但し、ほんとうに伝えたい根っこのとこだけは変わらないですけども。

関連記事

  1. 「これにはいったい何の意味が」とかいうアレ
  2. 見えないサポートシステム
  3. あの世の謎を紐解く
  4. 時間の流れを変えるだけ
  5. 誰でも未来予知ができるワケ
  6. やっぱりテーマは『パラレルワールド』
  7. 理屈ではわかるんですが
  8. 同情するから金をくれ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP