Loading

毎年が変革の年

今年は大きな変革の年のようです。

ええそうです。毎年が変革の年なんです。

変化しない年がいつだったのか、そっちのほうが知りたいよ。
むしろ変化しない年があったとすれば、それこそ大変革の年じゃないか、いつもと違うんだから。

というパラドックスな話しはキリがないのでさておき、
いやー昨年もほんと大変革の年でしたよ。
2019年専用の意識アップデート講座を開催したほどです。
そりゃそーだ、元号まで変わってんのに変革しないわけない。今年はオリンピックだしね。

ホロスコープで調べなくとも肌感覚と世間の情報だけで読み取れるほど超わかりやすかった。
今年はなんというかその、「日本らしさ」みたいな空気が漂ってきた感じがするよね。

2018年まではどことなくイタリアっぽかったんです。
ノリと勢いを追い風にして突っ走れた時代でした。
それが今年から「ちょっと落ち着こうか」という、「スン…」とした空気が漂ってきたんです。
最近さ、「地に足つけて」て言葉を今まで以上に聞くようになったんですよね。
これ、特にスピリチュアル界隈では頻繁に耳にする。

ぷか〜と浮きやすい人が多い業界なのでね、たまにアンカーを降ろさないと、スピリチュアルを現実逃避に使ってかえって生き辛さを感じてしまうという本末転倒なことになってしまう。

現実に活かしてこそナンボなのにね。

この「地に足つけて」とあちこちで囁かれる風潮が「ちょっと落ち着こうか」という空気。
でね、今年からの時代は2018年までのノリと勢いでやってきたものを、少し冷静に丁寧に見つめなおして、再構築する時代になっていくようです。
そして2020年からはもっとキチンとする時代になっていくっぽい。

「キチンとする」というのは、雑に扱わないということ。
自分自身、好きな人、好きな物、好きなこと、より丁寧に扱っていく。

結果、その姿勢は自然と「地に足つけた生き方」になっていくわけです。
そうなるとね、誰にでもいい顔ができなくなる。でもそれがうまくいく時代になってきてるんです。

だし、逆に日和った発信してたり打算で人と接してたら誰からも相手にされなくなる。
いい時代になってきてるなーと思うよ。

 

関連記事

  1. そのニュース、ほんとに重要?
  2. なんでわざわざ邪魔しにくるんだろ
  3. 答えが出ないのが答え
  4. ほんとは誰も平和な世界とか望んでなくない?
  5. あなたがワクワクしなくなったのはあなたのせい
  6. ぼくの重要なライフテーマのひとつ
  7. じわじわ小出しにしてること
  8. 引き寄せをなんか勘違いしてない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP