Loading
プロフィール

プロフィール

白石泰三(しらいしたいぞう)

パラレルワールド移行法の伝道師
作家・脚本家・セミナー講師・施術家
1971年生 長崎県諫早市出身
福岡大学 法学部卒
臨死体験によって「もう一つの世界」を見てきた『パラレルワールド・トラベラー』



【ご挨拶】

こんにちは、白石泰三です。
作家、脚本家、講師をしています。
執筆活動の他、全国各地でセミナーやトークイベントなどを開催したり、また時には「施術家」としても活動しています。

今でこそ好きな仕事だけをしながら、パートナーと共に楽しい人生を過ごしていますが、ここに至るまではそれなりの紆余曲折がありました。
ぼくがどういう人生を辿ってきたのか、少しだけぼくの話にお付き合いいただけたら嬉しいです。

■作家になる前

大学卒業後、ホテルのバーテンダーとして働いていました。
入社当時は「ホテル始まって以来の役立たず」と言われるほどダメ社員でした。
上司からのパワハラにも耐え必死に努力をかさねた結果、気づけばホテル最年少の統括マネージャーに就任。
皇族の接客などを担当するほどに成長しました。
秋篠宮殿下・紀子妃殿下にカクテルをおつくりしたこともあります。
この体験によって「我慢・努力は美徳」とインプットされました。

32歳のときに、ホテルを退職して独立。
バーテンダーの経験を活かしてミュージックバーのオーナーになりました。
8坪の小さなお店の中に、世界最大の同軸2ウェイスピーカーを置いた、音にこだわったお店でした。

お店には、世代やジャンルの垣根を越えて、様々なアーティストがいらっしゃいました。
原田真二さん、モンゴル800、スクープ・オン・サムバディ、フライドプライド、ソイル&ピンプセッションズ、某アイドルグループの方。
他にもNHK交響楽団、能楽師、落語家、映画監督などなど、世代やジャンルの垣根を越えて、様々なアーティストがいらっしゃいました。

その後、バー経営の傍ら、音楽イベントの企画やプロデュース業もおこなうようになります。
規模も次第に大きくなり、手掛けたものは以下となります。

・NTTドコモ スタッフ応対コンテスト『マイスター・オブ・ザ・イヤー』の企画サポート。
・進学塾 テーマソング・プロデュース TVCM制作。
・原田真二『ピースチャリティライブ NAGASAKI』をプロデュース。
・『IMSアートフェスタ 2009』
・文化庁地域文化芸術振興プラン推進事業『板屋宏幸監督トークライブ&写真展』

などがあります。
しかし華やかな実績の割に大した収入も休みもなく、そこそこの生活からは抜け出すことができませんでした。

■絶望から作家の道へ

独立から10年が経った頃、借金をして店を移転したことをきっかけに、事業が一気に赤字に転落。
1,000万円の借金を抱え、仕事も結婚生活も全てがうまくいかなくなりました。
気力を失い、人生に絶望しかけていたとき、ベストセラー作家・本田健さんの講演を聴き衝撃を受けました。
感動しすぎて、感化されました。
そして、「そうだ、ぼくも本田健さんのように全国で講演したり本を書いて、たくさんの人を幸せにしたい」と短絡的に考えて作家になることを決意。
3ヶ月後、多額の借金を抱えたまま店を廃業しました。

とはいえ執筆の経験などいっさいなし。ブログもまともに書いたことがありません。
さて、これからどうしたものかと考えた挙句、『出版“予定”記念パーティ』を開催することに。
ええ、「出版記念パーティー」ではありません。「出版記念を予定するパーティー」です。
今でこそ「予祝」という言葉があるけれど、当時は誰もそんなことやってませんでした。
つまり、「出版が実現したつもりで先にパーティを開き、思考を現実化させよう」という、いわば「引き寄せの人体実験」です。

お金がないにも関わらず、無謀にもグランドハイアットで開催しました。
始めたばかりのブログで参加者を募集したら、なぜか全国から30人以上の人たちが来てくれました。
心理カウンセラーでベストセラー作家の心屋仁之助さんにも応援していただきました。
当時お金がなかったぼくは、参加者にプレゼントできるものもありません。
そこで、パーティまでの経緯を綴った小冊子をつくってプレゼントしました。
すると、「この本、おもしろいよ。これで出版したらいいよ」という感想をいただきました。
その気になって数カ月かけて、小冊子をさらに加筆して原稿を完成させました。ろくに仕事もせずに。
だって、出版して著者になって全国を講演する人になるんですから。
半年以上かかって、ようやく原稿が出来上がりました。

■19時間で出版決定!

どうすれば出版できるのかわからないので、「原稿を出版社に送ってみよう」と思いました。
調べてみると、出版社は全国に3,000社以上あるようです。
「出版社すべてに原稿を送れば、どこかからは出版できるだろう」と考えました。
早速、第一希望の出版社に最初に電話をかけ、その後メールで原稿を送りました。
すると翌日、その会社から電話がありました。
「原稿を読みましたよ。うちで出版しましょう」と!!
何と、原稿を送った19時間後のことです!!

原稿を送った時、ちょうど編集者の人が全員出払っていて、たまたま手が空いていたのが、その出版社の社長だったのです。
その社長がぼくの原稿を最初に読み、社長から直接「出版採用」の連絡がきたというわけです。
3,000社すべてにアタックする予定でしたが、1社目で出版が決まったのです。
出版予定記念パーティからわずか7カ月後のことでした。
こうして完成したのが、物語仕立ての自己啓発書、『電波妻』(ヒカルランド)です


この本で念願の作家デビューを果たすことができたのです。

■本田健さんとのシンクロ

作家になるきっかけをくれた本田健さんに、「お礼の手紙と一緒に献本をしようか・・・でも無名の新人の本など送っても迷惑だろうなあ」とあきらめた矢先のこと。
あるセミナーで、当時のパートナーが本田健さんと会いました。そのときに、ぼくの本の話しをしたら、「えっ、その本、買って今読んでるとこですよ!良かったらダンナさんに『連絡ください』と伝えてください!」とことづてをもらいました。
出版に続き、またもや強烈な引き寄せが起きてパニック。
以来、健さんとは交流が続いています。
その後、健さんの本の登場人物に、ぼくの名前を使っていただいたのは、とても大きな励みになっています。

デビュー作は、本田健さんや心理カウンセラーの心屋仁之助さんをはじめ、多くのベストセラー作家からの紹介をいただき、発売から3週間で4刷出来。
アマゾンランキングのノンフィクション1位、心理学1位、人文部門1位を獲得。
借金、無職、離婚を経験し、転落人生からようやく這い上がることができると希望の光が見えてきました。
しかし、、、

■交通事故により生死をさ迷う

作家として新たな人生の再スタート。
しかし一冊出版したぐらいで暮らしが楽になることはありませんでした。
パートナーとも結局うまくいかず別れることになりました。
ぼくは実家の長崎に戻りバイト生活を送ります。
40代後半、バツイチ、実家暮らしの中年フリーターですよ。
そんな自分が情けなくてどうしようもなくなったある日のこと、一念発起して「東京に出てちゃんと作家としてやっていこう!」と決めました。
決断した途端、またもや人生が大きく動き出すことになります。

ある日、東京に出張したときに出会った女性と、遠距離で付き合うことになったのです。
そこから運命が急加速します。

彼女と付き合うことが決まってから5時間後、ぼくはバイクで交通事故に遭いました。
ドクターヘリで運ばれたのですが、ほとんど絶望的な状態だったようです。
4日間の意識不明となり、生死をさ迷うことになります。
しかしここで不思議な出来事が連発して一命を取りとめました。

「幽体離脱をして、いっぺん死んであの世を見てきて、それからまたこの世に生還する」という信じられないことが起きたのです。

それだけではなく、UFOに乗せられた記憶も鮮明に残っています。

「別のパラレルワールドの存在」も確認しました。

龍神にも助けられました・・・



そして、未来の景色も見えました。。。

そこは一年後に訪れるグランドキャニオンだったのです。


ええ、何よりぼくが一番信じられないし、こうして書いてて怪しいなとも思うのです。
ですが、実際に見て肌で感じて体験してしまったものは仕方ありません。
おかげでぼくの意識に大変革が起きてしまいました。
元々ぼくは見えない世界やスピリチュアル的なことには非常に懐疑的な人間でした。
でも、「この世界のカラクリ」を知ってしまったのです。

「この世界は自分の思い通りにつくることができる」
と理解したのです。

退院後、すぐに長崎を離れ東京を拠点に活動を開始。
事故に遭う5時間前から付き合いはじめたその彼女と一緒に暮らしています。
ぼくの妻です。

願望が次々と現実化する自分に、毎日驚く日常がスタートしました。
ひょっとすると、ぼくは事故に遭う前の「限りなくそっくりの自分」になって、「限りなくそっくりの世界」に還ってきたのかもしれない・・・。
たしかにその感覚が残っているのです。


■二作目の出版
あるパーティーで、サンマーク出版の金子編集長にお会いしました。
「この方に2冊めの編集をお願いできたらいいなあ」とぼんやり考えていたところ、ある日突然、金子編集長から連絡が来ました!
「臨死体験のことを書きませんか?」と・・・。
どうやら臨死体験によって「次々とシンクロニシティを起こす秘けつ」がわかってきました。

そのおかげで、臨死体験をもとに書いた、本格的スピリチュアル・エンタメ小説『パラレルワールドで待ち合わせ(サンマーク出版)』が完成しました。

小説として書いていますがほとんど実話で書いています。
読者からは「読後に何かの感覚が開いた」という不思議な声が多数寄せられています。

■脚本家として活動開始

二作目を出版後、「いつかは、物語の脚本にも挑戦できたらいいなあ」と密かに考えていました。
そんな折、またまたシンクロが起きました。
男性だけの世界的バレエ団『トロカデロ・デ・モンテカルロ』で日本人初のダンサー・名取寛人氏より、舞台脚本の依頼をいただきました。
日本神話をモチーフにしたダークファンタジー『天照道成舞降(あまてらすみちなるまいのくだり)』で脚本家としてデビューしました。

舞台はニューヨークのオフ・ブロードウェイでも公演。好評を博しました。


さらに活動の場を広げていきたいと思い、「本格的に脚本家としても活動しよう」と決めました。
その日に、ある番組のプロデューサーから『声優が語る怖い話』のシリーズ構成の話をいただきました。

こうしてぼくは、「望んだ世界が次から次にやってくる人生」になったのです。

■この世界は自分の思い通りにつくることができる

交通事故により、ぼくの体は大動脈が人工血管に変わり、左の肺が潰れました。
大腿骨と膝にもボルトが何本も打ち込まれていて、退院してからは歩くのがやっとでした。
本来ならまともな生活が送れるはずがなかったのです。
ですが、「走れる体になる」と決めて、2019年はホノルルマラソンに挑戦。
ぼくにとっては命がけの挑戦です。
結果は、9時間40分もかかってしまいましたが、完走することができました。

今も「この世界は自分の思い通りにつくることができる」を日々実験中です。

■現在の主な活動

「もしも、怖れや不安を抱えた世界を書き換えることが出来たなら……」
そんな妄想をしたことが、誰しもあるのではないでしょうか?
臨死体験をし、別のパラレルワールドの記憶を持ってこの世界に帰ってきたことによって、ぼくの世界はこれまでとは一変しました。

パラレルワールド(並行世界)は、SFやファンタジーだけでなく「実際に世界を自在に移行できる」。いや、「誰もが常に移行しながら生きている」ということに気づきました。
ちょっと意識を変えるだけで「豊かさに満ち溢れた世界」にもなれば、また逆に「何もかもがうまくいかない世界」にだってなります。
「今あなたがいる世界」から、「あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと移行するためには、ほんの少し意識を書き換えるだけでいいんです。

「恐れと不安に囚われた、以前のぼくのような人たちに伝えたい」
そういう思いから、現在は「望むパラレルワールドへ移行する法」をテーマに、全国でセミナーやトークイベントを開催しています。


トークは「凄まじくわかりやすく、そしてとにかく笑える」と大好評(本人談)。

今後、さらなる世界的な活躍が注目されています(これも本人談)

■その他の活動

見えない世界を味方につけて願望実現に活かす法を研究・発信する場として、オンラインコミュニティ『パラレルワールド実験室』を運営しています。


「誰にでも奇跡のような出来事が多発するコミュニティ」として活動しています。
また、相手の肌に軽く触れるだけで、一瞬で肌や身体を整える『パラレルヒーリング施術家』としても活動しています。
これまで「裏家業」としてやっていましたが、2020年からは一般公開します。

「透明感のある肌になった」、「黒目が大きくなった」、「小顔になった」、「肩が上がるようになった」という声を多数いただいています(お客様個人の感想です)。

【おまけ】

■趣味

映画鑑賞
神社・パワースポット巡り
料理はプロ級

■特技

イメージした映像を相手の潜在意識に送り、肉体的・精神的に変化させることができるのが特技。
施術者の能力も最近開花してきて、遠隔でもおこなえるようになりました。
なにげに池坊正教授一級。

■作品

・小説『パラレルワールドで待ち合わせ(サンマーク出版)』
・自己啓発小説『電波妻(ヒカルランド)』
・ニューヨーク・オフブロードウェイ公演『天照道成舞降』:舞台脚本
・MBS製作『声優が語る怖い話』:シリーズ構成
・DVD『リュウ博士&白石泰三トークライブ』

■出演・メディア

・癒しフェア2018 NAGOYA
・癒しフェア2019 TOKYO
・癒しフェア2020 OSAKA
・スピリチュアルタレントCHIEさんのトークライブ『CHIEのミステリーナイト』に出演
・KBC九州朝日放送 おすぎさんパーソナリティ『PAO~N』に出演
・LOVE FM 滝悦子さん、石川セリさんパーソナリティ『MY Life,My Song~人生は歌と共に~』に出演

■プライベート

妻は声優・ナレーター・「道ひらき」のカウンセラーの野引香里。

事故に遭う5時間前に付き合うことになったその人。
彼女もまた見えない世界と繋がるのが得意です。
でも、実用的なこと以外であまり活用することはありません(笑)
夫婦揃って「ただ不思議なだけのスピリチュアル」には興味がありません。
「現実創造に活かしてこそのスピリチュアル」という、地に足がついたスタンスで活動しています。

PAGE TOP