Loading

要は、生理的に好きかどうかてこと

前にブログで「内と外が違う言葉が耳に入ってこない」てことを書いたんですよ。
要は、上すべりした言葉が気持ち悪いというわけです。
でも、ほとんどの人が一致してるわけではない。野引さんだってそう。
ただ二人だけでいるときは、限りなく内と外の言葉が互いに一致はしてる。
じゃあ一致してなくても好感もてる人とそうでないひとの違いてなんだろう?
ぼくに限って言うならば、生理的に好きかどうかってことになる。
特に
与えるていで奪う人
人を貶めて自分の支持を得ようとする人
そういう人とはなるべくお付き合いはしたくないし、実際距離を取ってはいる。
じゃあ自分は全くそんなことをしない人間だと言い切れるかというと、決してそんなことはないです。
過去に自分もやっていたか、または今でもその素質を持っているからこそ、過剰に反応するわけです。
例えばね、勇気出して自己開示する人、ぼくもそれやる人なのでわかるのですが、応援したくなる人と絶対応援したくないタイプがいます。
違いはやはり、上すべりしてるかどうか。でも上手に計算してる人は好きです(笑)
前例の誰かが称賛されたのを見て「勇気出したらみんな応援してくれますよね」という保険を確認しての自己開示なのがバレバレだったら、ぼくはテンションが下がっちゃう。
うわあ、計算うまいなーwと思う人は案外と好きです。なんなら参考にしたいぐらい。
とそんなことを考えるたびに
大丈夫かな、俺の魂胆はバレてないだろうか
と我が身を振り返ってますよ。
たぶんそのあたりはうまくやってると思うが、でも皆んなもそう思ってるだろうからな。。。

関連記事

  1. 失うものはない法則
  2. 時間の流れについて
  3. 見えないサポートシステム
  4. より具体的な現実創造の年になってくんじゃない?
  5. あくせく働くのをあきらめた
  6. 起きたことの意味は自分でつくるもの
  7. 大丈夫だと知ってるのは最強
  8. お互い会わないようにしましょうね♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP