Loading

会社設立しました

今日は一日中セミナーでした。
朝からゆっくり食事を作るのがめんどかったので、こないだ長崎空港で買った五島うどんを冷やしで食べた。


注:二人分です。

夏はうどんとか素麺とかの頻度が多くなる。
手軽だし長崎の五島うどんや島原素麺はやっぱ美味しい。
以前はそんなにうどんや素麺に興味なかった妻の野引さんも、五島うどんと島原素麺の味を知ってから、かなりお気に入りのよう。

さて話しは変わり、

実はぼく、法人にしようと思って先月から準備を進めてたんですよ。
すでに定款認証も済ませ、9月2日に登記します。

なぜ今、法人化させようと思ったのかというと、
そんなに深くは考えてません。

経費がどうとか税金のこととか対外的なメリットとかハクが付くとか色々あるのでしょうが、正直いうと法人にして何がいいことあるのか、逆にデメリットは何なのかも全然わかってない(笑)
ぼくはこのへんのことに非常に疎いのです。

一つ理由をあげるとすれば、
法人にしたらぼくの活動の場がもっと広がって面白いことになりそうだなと思ったから。

それ以外はそんなに深く考えなかったですね。
メリット、デメリットを考えるより、ここは流れと自分の感覚に従ってみることにしたんですよ。
あ、そうだね、そうそう。
特別なにかあったわけじゃないけど「流れ」みたいなものを感じたんですよ。

軽くきめちゃったほうがうまくいきそうだったので、「法人にしてみよっかな」というノリです。
こんなコロナ禍の中で、損得勘定にとらわれて行動を遅らせてもね、そっちのほうが損てことあるからね。

とカッコいいこと言ってみたけれど、実はこの法人化、ぼく一人ではこんなに早く決断出来なかった。

決め手となったのは妻の野引さんのひと言。
「そろそろそういうこと考えてもいいのかもね」
それ聞いて「うん、じゃあそれで」とあっさり決断(笑)

ぼくはぼくの決断に迷ったとき、ぼくを信じてくれている妻の言葉を信じるようにしてる(ちょっとズルいw)

一人で何でも決めてさっさと行動できる人はいいでしょう。
でもぼくはそうではない。
一人じゃ自信も根性もない半人前なのだという自覚がある。

だから何か大きな決断をしなければいけないときは、必ず妻に相談して決める。
常に互いの考えを共有し合っているので、そのほうが決断も早くすぐに行動にも移せるのです。
何より、互いが相手をコントロールしない関係を築いているというのが非常にでかい。
相手の感情は相手のもの。相手を思いやりこそすれどうにかしようとはしないんです。
人生を共に過ごすパートナーが一番のメンターになれば、お金も仕事も人間関係もどんどん良好になっていきます。

ところで会社名は何にしたかというと、
登記日の9月2日22時に、facebookライブをします。その中で公表したいと思います。
ぜひご覧ください!

さて、大好評中の『パラレルワールド移行セミナー』、残すところ明日の31日、そして9月の6、7、8、9日となりました。
次の開催は2021年になるかと思います。
でもこんなご時世なので、いつまでやるか正直ぼくにもわかんない。

それがいつまでもあるとは限らない。。。
それが当然の時代だからね。今までとは当たり前が全然違うのです。
興味があればお早めにお申し込みお待ちしてます!
コロナ禍ということもあり、大変お得な価格にしてますが、このブログやLINE、メルマガ読者の方は、さらにお得な『読者会員価格』にてご参加いただけます。

さらに、再受講はもっとお得になってるので、また参加したいというかたもぜひ!

『パラレルワールド移行セミナー』

詳細・お申し込みはこちら

関連記事

  1. 運命じゃない人
  2. それがうまくいってる人に聞こう
  3. 男は活躍したいだけ
  4. ぼくが考える「お金の稼ぎ方」
  5. ぶっちゃけ、ヨメに炊事・洗たくさせてオレは好きなことして生きてい…
  6. 今年は意識をアップデートさせる年にしよう
  7. 男の設定、女の設定
  8. 打算と未来計算のちがい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP