Loading

出会いに恵まれる秘けつ

ぼくは妻の野引さんに対して、自分にないものを求めたことは一度もない。
彼女はぼくにないものをたくさん持っているし、生き方、考え方の手本にさせてもらうことは多々あります。
でも、だから好きだとかそういう理由ではないですね。

そもそも自分にないものを他人に求めるパートナーシップてなんなん?とぼくは思ってる。
求めるってのは相手に期待するってことじゃないですか。
相手への信頼より期待が大きくなったら関係はギスギスしてくる。
過度な期待は不信感がベースだからね。ゴールは絶望です。

だったら、自分にないものってやつを受け入れて、そこも含めて自分を大切にあつかうほど、相手に求めるものなんて、なくなっていくわけですよね。
その方が良い出会いに恵まれるとぼくは信じています。

野引さんに何かの期待をしてないし、彼女もぼくにたぶんそんなに期待はしてないのですよ(笑)
期待がそんなにないから、そもそもケンカにならない。だからまだほとんどケンカしたことない。

あ、付き合いはじめの頃、「瞑想の時間が長い!」て一回ケンカしたことある(笑)

関連記事

  1. 男の設定、女の設定
  2. 大切にされる人の設定
  3. この世界を自分好みにつくりかえていく方法
  4. 前より度胸がついたように見えて実はそうでもないです
  5. 目の前に集中してたら出世は早い
  6. それがうまくいってる人に聞こう
  7. 打算と未来計算のちがい
  8. 会社設立しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP