Loading

この世界を自分好みにつくりかえていく方法

「どうしたら今この世界を自分好みにつくりかえていけるんだろうか」

と考えてみたんです。

というのもですよ、ここんとこぼくが望んだものがどんどん叶っていってるんですね。
そりゃもう怖いくらいに叶っていってます。
でも、ついこないだまでのぼくは過去を悔やんで未来に怯える日々を送るようなヤツだったんですよ。

その頃のぼくと今のぼく、いったい何が違うんだろうかってね、それをあれこれ考えてたんです。

以前と違うことのひとつに「人の顔色を伺わない」ってのがありました。
今でもぼくは、相手に対して自分が考えうるだけの気配りします(一応本人なりに)
気配りはするけど、顔色伺うような気づかいの仕方はしない。

以前は、「嫌われたくない」とか「批難されたくない」という思いが根っこにあって、人に気を使うというのをやってたのもあったんですよ。
人に媚びるまではしなかったけど、だからといって嫌われるのも批難されるのもなるべくなら避けたい。
そうするとつい顔色を伺うクセが出るんですね。

でもね、顔色を伺って人に気を使うとロクなことにはならないね。

気を使う“てい”で自分の保身のために相手を利用してるだけだから、そらあ良いことにはならんわね。
それぐらいなら横柄でいたほうがまだいい。

だけど今は、「顔色伺ってまで相手とつきあうぐらいならさっさと離れたほうがお互いのためにいい」、そう思ってます。

こっちがやってて苦しい気づかいはやらない。
それは相手だって迷惑なだけだしね。

もし逆にそんな苦しい気づかいを相手が求めてくるなら、一刻も早く相手から離れるべきでしょう。
それはパートナーシップであってもそう思います。

だから、気をつかうことはあっても人の顔色を伺うようなことはしない。
急に変わるというのは難しいかもしれないけど、そのほうが自分が豊かな気持ちでいられるなら、なるべくそういう選択の努力はしていきたいよね。

それだけで今この世界がより自分好みの世界にシフトしていくんなら、やらない手はないです。

関連記事

  1. ぶっちゃけ、ヨメに炊事・洗たくさせてオレは好きなことして生きてい…
  2. ほんとは誰も平和な世界とか望んでなくない?
  3. 人から大切にされる方法
  4. まずやってみる
  5. どこまで自分を信じられるかのゲーム
  6. 男の設定、女の設定
  7. 彼女の愛想が悪いワケ
  8. リスクがない道ほどハイリスクですよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP