Loading

お金がないと生きていけないという思い込み

ぼくがお店を廃業したばかりの頃、多額の借金を抱えていて毎日が憂鬱でした。
「いやあ、もうほんとあの時は、しぬ以外に選択肢ないんじゃないかなとか思いましたよねーあははははwww」
みたく今は笑い話しできるけどね、当時はほんと生きてるのがこんなに苦しいとか思いもしなかった。

毎朝、請求の電話から一日がスタートすんだよね。
何をやってもうまくいかないスパイラルにはまってた。
あの地獄の日々を抜け出してわかったことは「お金がないと生きていけない」なんてのは、ただの幻想だってこと。

「なんだ、少なくともこの国でお金なくたって、のたれ死ぬことはないじゃないか。オレが一番怖れていたものなんて、所詮は人からどう見られたいかってだけの話じゃないか」
そんなつまらないプライドのためだけに、めっちゃ怯えてたのかと思うと、なんか滑稽だなと思ったんだよね。
だからね、今、お金に困っている人は、這い上がろうとする前に、いっぺんどん底のほうに突き進んでみたらいいんですよ。

そしたら、今どん底だと思っているその場所が、まだまだどん底でもなんでもないってのがわかるから。
で、どん底に落ちる覚悟が出来たら途端に色んなことが軽くなります。
あとはゆっくり浮き上がっていくだけ。
そこに気づくために落ちてみる。

というか落ちる覚悟を決める。

「豊かでいられるほうを選択しながら生きる」ってのは、どん底に落ちる覚悟も受け入れることと同じだとぼくは思うんでます。
そこんとこが覚悟できたら、世界が移行するんだよね、しかも劇的に。

関連記事

  1. ぼくが考える「お金の稼ぎ方」
  2. 目の前に集中してたら出世は早い
  3. 打算と未来計算のちがい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP