Loading

決めたら叶うとは言うけれど

「決めるだけで叶うって言うけど、決めるだけで本当に叶うのだろうか?」

と疑問に思う人はけっこういるよね。

そう、自分で決めるのってとても怖い。だから誰かに確証を何度も何度も求めちゃう。
でもね、自分で決めて行動するしかないんだよなあ。これが困ったことに。

スピリチュアルな生き方ってそういうことなんだけど、その真逆に位置するのがスピリチュアルに依存する人てことになってしまう。

あ、やっぱ今の聞かなくていいです。無視してください

依存は悪いことではないです。そのうち飽きるし、それがその人には今必要なのだろうし。
ぼくは魂の操縦桿は他人に手渡さないようにと話してはいるけど、どうしても誰かに操縦して欲しいなら、それはそれでOKだとも思ってる。
それを揶揄したところで、揶揄する側にはそれはそれでメリットがあるから言いたがってるだけだし。

それに、依存てのもある意味「人に決めてもらう」という決断してるだけだし「行動できない」という行動をしてるだけともいえるからね。

話しを戻します。

例えば、今までの「できない理由・やらない理由探し」をようやくやめることが出来たとしましょうか。
で、何かやりたいこと決めたとする。

「よーし、怖いけどいっちょ覚悟決めてやろうじゃないか!」

うん、ここまではいい。誰もがやる。
しかしだ、その後に、何かしらの確証らしきものをついつい求めたくなる。

「それでも失敗したらどうするんですか?」
「失敗した人はどれぐらいいるんでしょうか?」

などなど。
失敗したくないもんだから、何度も何度も確認すんの。

あのね、これって
「薪を炊くなら、新聞紙に火をつけてからやるといいですよ」
ってアドバイスしたら

「何新聞なら大丈夫ですか?」
って聞かれるようなものね。
何新聞でも変わらないってば。

やってみてから確かめても大体のことは間に合うから。
読売新聞は燃えにくいとか朝日新聞で燃やすと火事になりやすいとか、たとえそんな噂が出たとしても大丈夫だから。

だいたいの場合は、その程度のレベルのことだったりする。

そう、確認作業が多すぎるのだ。
どんだけ備えあれば憂いがなくなるのか。

JAXA

リスク、あるに決まってるやん。
「できない・やらない理由探し」が終わったと思ったら今度は「大丈夫探し」ときたもんだ。
で、何人かチャレンジしてみて大丈夫そうだとわかってから、じゃあ俺もやってみようかなーみたいなことすんのなー。

なんて、偉そうなことを言ったけども、ぼくなんて、まさにそういう男だったよ。
今でもそうなりそうなことは多々あるよ。やったことないことは毎回怖い。

ぼく、海外なんてほとんど行ったことないからほんと自分から積極的に行こうとかなかなかないもんね。
でもやっぱり、決めたら叶うなというのは体験としてそう思うから、なるべくそうありたいと少しずつチャレンジはしてる。

決めて行動した先に答えがあるようだけど、実はそうではなくて
自分で決めて行動することそのものに答えがあるのではないかと最近思うんです。

もしも成功と呼べるものがあるとすれば、うまくいくことが成功ではなくてね、
挑戦することそのもの、
失敗しても大丈夫と知ること
自分で決めて行動すること

それこそが成功。
だと思う。

まあそれでも、動かないまま何もしないてのもアリだと思います。
ちゃんとその人に必要なタイミングで決断して行動する時がやってくるから、どの選択も間違いではないもんね。

ただ……行動を先延ばしにすると、相応の課題はやってくるんじゃないかなと個人的には思うから、早いほうがいいかもしれんけどね。

例えば、

「ええっ!?今ごろ決断しちゃったのー?おせーよもう!今から普通にやってちゃ間に合わねーよ。しょうがねえなあ、ショートカットさせてやるからいっぺん死んでこい」

などと、誰かさんのように、大いなる存在らしきものから言われることだってあるかも知れんし(笑)。
まあそれも人生だよね。

やってみてから確かめても大体のことは間に合うから。
でも大丈夫だよ、ぼくの経験上では人は死なないから。

関連記事

  1. 要は、生理的に好きかどうかてこと
  2. 理屈ではわかるんですが
  3. 「保守的」ってキープて事じゃなくて朽ち果てるのを待ってるだけ
  4. 世界は自分が好きなように乗り換えられる
  5. へー、うまくいかないならやらないんだ。。。
  6. この世界を自分好みにつくりかえていく方法
  7. 未来に歓迎されてなさそうな人
  8. やっぱりこの世界は愛と感謝ですよね(棒)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP