Loading

決断についての質問

セミナーやトークイベントの時によくいただく質問があります。

「決めるだけで叶うって言うけど、決める時に特別なやり方とかありますか?」とか
「どんなことでも決めたら叶うんですか?」とか
「決めた後は何もしなくていいんですか?」とか……。

これね、ぼくがそうだったからわかるんだけどね。

びびりすぎ

そう、気持ちはすごーくわかる!自分で決めるのってとても怖い。
だから誰かに何度も何度も確証を求めちゃう。
でもね、自分で決めて行動するしかないんですよ。

それが人生のテーマといってもいい。
なんだったら意気込む必要もなく、歯を磨くくらい当たり前に決められたら最高だ。

ま、そうビビりながらもね、いよいよ覚悟決めていざ行動する時がやってきたとしましょうか。

で、「よーし、怖いけどいっちょ覚悟決めてやろうじゃないか!」
と、次のステップに移ろうと決めたとこまではいいよ。
うん、そこまではいいのだ。誰もがやる。
しかしだ、その後にやってくるのは、何かしらの確証らしきものをやっぱりまだ求めようとする欲求。

「はい、わたし覚悟決めましたよ。だからね、覚悟を決めた以上はね、ある程度の確証が欲しいわけですよ。ねえねえ、決めたらほんとに大丈夫なんでしょうか?リスクはないんですか?ちゃんと保障はあるんですか?それでも失敗したらどうするんですか?てか失敗した人はどれぐらいいるんでしょうか?やっぱり、何人かチャレンジしたのを確認してから後に続くとしようかな」

みたいなこと言う。し、する。
それ覚悟できてないやん

それ「覚悟したいから大丈夫だと保証してください」って言ってんでしょ。
いやいや、まだ他人に自分のコントローラー預けてんじゃん。
それって自分の選択に責任取る覚悟がまだできてないってことだしさ。

どんだけ備えあれば憂いがなくなるんだ。JAXAかよ。
リスク、あるに決まってるやん。
無謀なことやったがいいよとは言ってないよ。
それはヒートテック一枚で南極に行くようなもの。
コンバースのオールスター履いてヒマラヤ登山するようなもの。
リスクと無謀はまったく別物だからね。

勇気出すしかないし覚悟するしかないんだよなあ、困ったことに。。。

サクッと決める。
そして粛々とやる。
ただそれだけ。

雑な説明なんだけど、それ以上のことってなさそうなんですよね。
あ、でも、ここまで書いておいてあれなんだけど、それが覚悟も行動も出来ないってんなら無理にやんなくていいんじゃないかなと思います。
今はやらないほうがメリットがあるからやらないだけなんで。
だってその選択も「自分で決断できない」という決断と「行動できない」という行動をしているだけだから、それはそれでいいと思うんですよ。

ただ……行動を先延ばしにすると、相応の課題はやってくるんじゃ
ないかなと個人的には思うから、早いほうがいいかもしれん。
これはビビらせてるわけではないよ。
ゴールまでのルートを選り好みしてリスクを回避しながら安心安全なルートを辿ってばかりいたら、その代わりにすっごい遠回りして、時間と燃費を無駄に消費したり、逆にアクシデントに見舞われたりすることだってある。
それはそれで、そのルートに相応するトラブルだってやってくる可能性が出てくるわけでね。

ぼくの場合で言うと
「ええっ?今ごろ決断しちゃったのー?もうしょうがねえなあ、今から普通にやってちゃ間に合わないから、いっぺん死んでこい」みたく、大いなる存在らしきものから別のルートに変更させられたのかも知れんし(笑)。
まあどのルートも間違いではないので、本人がいいと思ってればいいと思うけど(笑)。
(ぼくはこのルートでよかったと思ってますよ。皆さんもいかがですか、痛いし寿命も縮んだかもしれんけど)

大丈夫ですよ、ぼくの体験上では、ある意味で人は死なないから。
その世界では死んだとしても、意識が別の世界に移行するだけ。

うまくいくためのやり方があるとすれば、小さな成功体験を地道に積み重ねながら勇気のハードルを上げていく方法があるけど、その成功体験ってうまくいくことだけではないんですよ。

挑戦すること
失敗しても大丈夫と知ること
自分で決めて行動すること

それこそが大切な成功体験なのです。
と偉そうに言ってるけれど、今でもぼくだって些細なことでビビッて挑戦できないことなんて多々ありますよ。
やったことないことは毎
回怖い。

でも、人生はどうやらそういうゲームのようなので観念するしかないようだよね、困ったことに(笑)

関連記事

  1. 決めたら叶うとは言うけれど
  2. ぼくが料理をする理由
  3. やることなすこと自信を失ったとき
  4. どこまで自分を信じられるかのゲーム
  5. 神のお告げとひとり言は紙一重
  6. 好きなことが見つからない人へみもふたもないアドバイス
  7. 真夜中のカレー
  8. 時間の流れについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP